折らないように気をつけながら、スイトピーを曲げていきます。