少し高めに活けていきます。
イメージとして、篭からあふれている感じに